山と写真と毎日と

アラフィフのおっさんが趣味の登山・写真・日常を綴るブログ。

FUJIFILM X100VIやSONY α7CRが「高過ぎる」という意見への私見

こんにちは、GreenFielderです!

記事タイトルを見て「なになに、急にカメラ評論?!」と言うことなかれ。今回はカメラ界で少し話題になっているカメラの値段に関する世間の反応に対し、私の意見を書いてみたくなり筆を取ってみました。

なお、この記事の内容はカメラの仕様とそれに対する価格設定の適正度を分析するものではありません。そういうのを期待した皆様、すみません。

私が趣味としていて、最近「カメラ買いたい病」に罹患し、関連の記事やSNSを見る中で、カメラにとどまらない私見を述べたくなったのでこの記事をおこしてみました。

まず、タイトルにある"FUJIFILM X100VI"と"SONY α7CR"について簡単に書きます。

<FUJIFILM X100VI>

出典:富士フイルム公式ウェブサイト

昨年富士フイルムから販売された高級コンパクトデジタルカメラコンデジ)。先代のFUJIFILM X100Vから高画素化した以外に大きなアップグレードが無いのに、価格が約10万円ほどアップした(ヨドバシカメラ価格比)ようです。本記事を書いている時点のヨドバシカメラ価格は28万円ほど。まあ普通に考えると「高級にしてもコンデジで28万円は高いわな~」という感想になりますし、世間でもそういう声が聞こえてきています。

ヨドバシ.com - 富士フイルム FUJIFILM FUJIFILM X100V シルバー [デジタルカメラ] 通販【全品無料配達】 (yodobashi.com)

ヨドバシ.com - 富士フイルム FUJIFILM FUJIFILM X100VI ブラック [デジタルカメラ] 通販【全品無料配達】 (yodobashi.com)

ちなみに、アメリカでの「カメラ量販店」として有名な"B&H"のネット価格だと、先代のX100Vが約1,400ドル、このX100VIが約1,700ドルとなってます(ただし先代は"Out of Stock"と表示されます)。

 FUJIFILM X100V Digital Camera (Silver - X100V Camera Body) B&H Photo (bhphotovideo.com) 

FUJIFILM X100VI Digital Camera (Silver) MFR# 16821822 Fuji X100 6 Camera B&H Photo Video (bhphotovideo.com)

<SONY α7CR>

出典:ソニー公式ウェブサイト

今年に入って発売されたコンパクトフルサイズ一眼ミラーレス機"α7C"シリーズの進化版。大人気となった元祖α7Cの高画素化版で、"R"はソニーのカメラでは「高画素機」を意味してます。こちら、ヨドバシ価格ではα7Cが約21万円台、α7CRが約43万円台、つまり価格が倍近くなったというわけです。「軽量コンパクトでこのお値段」とコスパの良さが評判だったのが今回のこの価格。もはや簡単に「α7Cからの乗り換え」という雰囲気ではなくなっていますよねぇ。

ヨドバシ.com - ソニー SONY ILCE-7C S [α7C ボディ 35mmフルサイズ ミラーレスカメラ シルバー] 通販【全品無料配達】 (yodobashi.com)

ヨドバシ.com - ソニー SONY α7CR ILCE-7CR B ブラック [ボディ 35mmフルサイズ ミラーレスカメラ] 通販【全品無料配達】 (yodobashi.com)

ちなみに、同じく"B&H"のネット価格(ボディのみ)だと、α7Cが約1,600ドル、α7CRが約3,000ドルとなってます。

Sony a7C Alpha Mirrorless Digital Camera (a7C Camera Body, Black) B&H (bhphotovideo.com)

Sony Alpha - A New Camera is Coming B&H Photo Video (bhphotovideo.com)

ここで、アメリカでの販売価格も参照したのは当然理由があります。一度これらの価格を2つの為替レートパターンを使って円換算価格にしてみます。

<FUJIFILM X100V>

日本価格:約18万円

米国価格(@150):約21万円 (116%)

米国価格(@100):約14万円 (78%)

<FUJIFILM X100VI>

日本価格:約21万円

米国価格(@150):約25.5万円 (121%)

米国価格(@100):約17万円 (81%)

<SONY α7C>

日本価格:約28万円

米国価格(@150):約24万円 (86%)

米国価格(@100):約16万円 (57%)

<SONY α7CR>

日本価格:約43万円

米国価格(@150):約45万円 (105%)

米国価格(@100):約30万円 (70%)

さて、皆さん上の円換算価格を見た時にどう思われますか?

私はこう思いました。

「100円/ドルで換算したアメリカ価格が日本のカメラ・ユーザーにはきっとしっくり来るんだろうなぁ」

このような円換算をしてみようと思ったのは、とあるカメラ系ユーチューバーの番組がきっかけでした。その番組の中で、そのチャンネル運営者は言っていました。

SONY α7CRは、40万円もするカメラのくせに、相応の機能が備わっていない」

すると、その時視聴者がアメリカの価格は3000ドルですよ」とコメントしたのです。そのコメントを見て、運営者は言いました。

「そうか~、3000ドルと言われると、相応の機能を備えたカメラと言えるのかもなぁ・・」

では、このような意識ギャップはなぜ起こるのでしょうか。それは、日本が1990年代初頭のバブル崩壊から始まった「失われた20年」とその後現在まで続いている物価均衡(またはデフレ傾向)の経済基調の意識のままでいることからくるのだろうと思います。

私は過去の記事(コチラ☟)で「日本の物価は世界から置いてかれている」と私見を述べました。

onedayhike.hatenablog.com

そしてその思いは海外にいることで益々強くなっています。結局は上掲記事で述べている日本人の考え方や社会風土がインフレ移行へのバリアになっていると私は思っています。海外の物価高騰により、国内の一部商品価格もどんどん上がっている(と大半の日本人はきっと思っている)という事実はありますが、それによって日本企業の利益が増加しているかというと、そんな中でも企業は「価格増加をなるべく控える」方向に走り、そのために従業員の給与増額に後ろ向きで、その結果国民の購買力が上がらず、益々企業が価格を上げづらい、という「負のスパイラル」なのです。

私は仕事柄アメリカの物価統計をよく見るのですが、例えばコロナ後現在までの物価上昇率は20%程度あります。一方でおそらく日本は10%を下回るでしょう。しかも、日本は給与上昇率が物価上昇率に追いついておらず、実質賃金が減少しているのが実態です。

ではどうすればよいのか。

ここからは私の勝手な私見ですが、

1.サービス・物品の価格を世界水準以上に上げるべき

2.それと合わせて会社員の給与も上げるべき

3.これにより、物価レベルで世界的適正水準に追いつくべき

となります。

そして、上記富士フイルムソニーの新機種での価格上昇は、上記1つ目が狙いなのではないかな、と思った次第です。

これまで「コスパの良いカメラ」を追求し続けて業績が上がらなかったものを、(現在の為替レートも考慮し)世界水準の価格で売ろう、という決心だったのではないかな、と思います。そしてこの「世界水準の価格」というのが、現在の米国価格を150円/ドルで換算した円価、ということです。なので、これまでの「コスパ追求」の姿勢で日系カメラメーカーの価格を想定している方々からするとかなりの高額にみえてしまうのではないかと推測しました。

実際私も「コスパ追求」しなければならない「しがないサラリーマン」ですから、「じゃあお前はこういう値段設定のカメラを買えるのか?!」と言われたら、やはり他の皆さんと同様「給料が上がって可処分所得がもっと増えたらね・・・」という回答になってしまうのですが、でも最近は年齢を経てきたこともあってか、「貯蓄をするより自分のため、自分・家族の喜びのためにお金を使うようにしよう」という姿勢に変わりました。

アメリカで生活していると、日本の色々なモノが高品質なのに「安過ぎる」ことを痛感します。

アメリカではスーパーで買う食品は、前回私がアメリカにいた頃から全品1.5倍以上に値上がりしていますし、航空会社、鉄道、ホテル、といったサービスも、ろくなサービス品質もないのに同じく1.5~2倍くらいの値段に跳ね上がっています。

例えば、先週の出張中のホテルの平均額は150円換算だと平均2万円弱/泊(その割に部屋にティッシュが無い、水のボトルが無い、石鹸が無い、など当たり前)でしたし、昨年出張していた時に利用していた鉄道(ニュージャージ・トランジット)は、150円換算で片道7~800円(これを今年更に値上げするとか)、日本なら300円くらいの距離のはずです。しかも使用されている車両は日本より断然ボロい。。

そんな経験をしていると、日本はモノもサービスも良質なのにとにかく安過ぎる!!と感じてしまうのです。

カメラ性能もきっと「世界一」と言ってよいでしょう。その証拠に、殆どの外国旅行者が首から下げているカメラは日系ブランドです。「であれば、もっと値段を上げても外国人は買ってくれるのではないか」とメーカーが考え、そのような価格設定にするのはとてもうなづけます。

日本が早く「モノも高いが品質が良い」「物価は上がったが生活の質も向上した」と感じられるような国にならないかな、と切に願って止みません。

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しました!*